かたなえび ~Season 3~

2014年1月より新天地での生活が始まりました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

プラナリアZEROによるプラナリア駆除を実行中

こんばんは。

黒ビー水槽でプラナリアが爆殖の気配です。
IMG_8705.jpg

IMG_8706.jpg

最近は以前のようにあまり気にしなくなったのですが、
あまりにも酷くなってきたので、
久しぶりに必殺仕事人に登場してもらいました。
IMG_8709.jpg

今回は60cm水槽です。
付属のスプーン1杯分をパラパラと水槽内へ…
IMG_8710.jpg

IMG_8711.jpg

相変わらず見事な溶け具合です。(笑)

そして投入直後から、
IMG_8717.jpg
IMG_8718.jpg
IMG_8719.jpg
IMG_8720.jpg
苦しそうに悶え始めています。

こちらでは、何匹もソイルから這い出してもがいています。
IMG_8724.jpg
さすがいい仕事します。

取り敢えず3日間、一日付属のスプーン一杯ずつ投与を続けて見ます。
スポンサーサイト
  1. 2013/07/23(火) 21:13:12|
  2. プラナリア退治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プラナリアZEROの成分

こんばんわ。

「プラナリアZERO」のラベルをよく見てみると
RIMG1633.jpg
と書いてあります。

「ビンロウ」ってなんでしょうか?

調べてみると、
ビンロウは東南アジアなどに生えるヤシ科の植物で
その種子には「アレコリン」とうい成分が含まれています。
この「アレコリン」にはヒルなどに対する「殺虫作用」や
条虫に対する「駆除作用(虫下し)」があります。

おそらく、その殺虫作用や駆除作用が
プラナリアにも効果があるということ
なのではないでしょうか。

ただ、興奮作用があり、台湾などでは「合法ドラック」として
売られているそうです。
また、人に対して発がん性も認められているようなので、
興味本位で舐めないほうがよさそうですね。(笑)
(舐める人はいないか・・・)

そういえば、昔台湾へ行ったときに
現地のガイドさんから「ビンロウはダメね」「絶対にダメね」
と何度も念を押されたことを思い出しました。

RIMG1582.jpg
  1. 2011/08/31(水) 22:38:17|
  2. プラナリア退治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プラナリア退治の結果報告

こんばんわ。

昨日に引き続きプラナリア退治についてレポートします。

本日で3日連続の投入です。
これで【使用上の注意】に書かれている1サイクルです。

今回を含め6本の水槽で検証してみましたが、

結果は
3日間の投入でほぼ駆除できた・・・5本
3日間の投入で駆除しきれなかった・・・1本
でした。

もちろん駆除しきれなった1本についても明らかに
プラナリアの数が減少しています。

また、エビへの影響ですが
約200匹(稚エビ以外)のうち2匹の☆を確認しました。
そのうちの1匹は脱皮不全によるものでした。
もう1匹の原因はわかりません・・・。

ということで、
使用上の注意をしっかりと守れば、
エビへの影響なしにプラナリアをかなりの確率で駆除できると
判断しました。

「プラナリアZERO」の効果について書かれたブログは
たくさんあります。その多くは効果を絶賛するものですが、
私自身はもしものことを考え、なかなか使用する決断ができませんでした。

しかし、掬っても掬っても減るどころが日々殖えていくプラナリアを
なんとかしなければと思い、
まずは、エビを避難させ、「数匹だけ残した水槽」で検証し
影響がないことを確認したあとで、他の「エビを入れたままの水槽」で
検証してみました。

正直ドキドキでした。
実はTOP水槽だけには検証結果が出るまで
使用を控えていました。
が、先ほど安心して「プラナリアZERO」を投入しました。
これで、プラナリア掬いから解放されそうです。

半信半疑の方も多いと思いますが、
その場合は検証してみることをお勧めします。

皆さんのご参考になれば幸いです。
RIMG1570.jpg
  1. 2011/08/31(水) 00:02:41|
  2. プラナリア退治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プラナリア退治中

こんばんわ。

以前ちょこっと記事にしましたが、
先日プラナリア駆除のために、
「プラナリアZERO」を使ってみました。
RIMG1631.jpg

初めての使用だったので、念のためエビたちは数匹を残し別水槽へ移し、
【使用上の注意】に書かれている通り3日間規定量を投入したところ、
見事に駆除ができました。
しかも、残されたエビたちは元気一杯。
心配していたラムズも問題なし。
ついでにゲジも元気一杯でした・・・。

そこで、今回は別の水槽でエビが入ったまま使用しました。

規定量を投入して、しばらくすると
RIMG1558.jpg
ソイルに潜んでいたプラナリアがどんどん出てきて
RIMG1591.jpg
苦しそう?に這い回っています。

そしてそのすぐ横では
RIMG1561.jpg
元気にエビたちがツマツマしています。

画像ありませんが、ヒドラにも効果ありです。
翌日にはほとんど行方不明でしたよ。(笑)

本日2回目を投入していますが、
這いまわるプラナリアの数は明らかに減少しています。
もちろんエビたちは元気です。

明日3回目を投入予定です。
それから最終結論となりますが、
現段階では◎です。

プラナリアやヒドラだけピンポイントで
やっつけるなんて、スゴイですね~。

さすが、紅蜂シュリンプさん。
  1. 2011/08/29(月) 23:28:50|
  2. プラナリア退治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

プロフィール

かたなえび

Author:かたなえび
青森県在住 2013年12月に千葉県から転居してきました。
二人の男の子の親父です。
ビーシュリンプ飼育と日々の出来事を綴ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ご挨拶 (13)
日々のできごと (68)
エビ (122)
立ち上げ・リセット (46)
プラナリア退治 (4)
ヒドラ退治 (6)
LED化プロジェクト (6)
夏の思い出2012 (3)
夏の思い出2011 (7)
3.11 (13)
本 (6)
未分類 (0)
夏の思い出2013 (1)

アクセスカウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。